- AnimeStudio -Manual マニュアル:拡散・焦点効果

拡散と焦点の効果を設定します。パターン画像を用意して独自のフィルターを作ることができます。パターン画像を動画のように使ってエフェクトのアニメーションができます。※拡張機能です.

設定画面

設定画面を開きます。

描画モードのタブを合成から拡散または焦点に切り替えます。

レイヤー

対象のレイヤーを選択します。

レイヤーリストでレイヤーを選択します。

グループのデフォルトを設定する場合はカメラを選択します。

個別の設定がされていないレイヤーにはグループのデフォルト設定が適用されます。

グループのデフォルト設定がされていない場合は親階層のグループのデフォルトを継承します。

タイプ

効果の種類を選択します。

ドロップダウンリストで選択します。

なし(デフォルト)
個別の設定をしません。レイヤーはグループから、グループは親階層グループから設定を継承します。初期状態ではトップグループは拡散ガウスぼかし焦点円形ぼかしなのでそれがデフォルトになります。

ガウスぼかし

正規分布のなだらかで裾野の広い拡散になります。拡散のデフォルト設定です。

円形ぼかし

丸形の平坦な広がりになります。焦点のデフォルト設定です。

バターンぼかし:αチャンネル

パターン画像のαチャンネル(不透明度)の形状でぼかします。

パターンぼかし:RGB

パターン画像のRGBのチャンネル毎の形状にぼかします。R・G・B成分の総量が元画像から変わりません。

パターンぼかし:αRGB

パターン画像のαチャンネルの形状にRGB各チャンネルの明るさを掛け合わせます。パターン画像のR・G・Bの比率(色)を維持します。全体で元画像より暗くなります。

パターンフォルダ

パターン画像を使う効果の場合はパターン画像のフォルダを選択します。

パターン画像はセル画像と同じようにフォルダまたはPSDファイルにまとめてフォルダリストに登録します。

フォルダリストでパターン画像のフォルダを選択します。

パターン選択ボタンを押します。

下にフォルダ名が表示されます。

選択を解除するには横のメニューから解除を選択します。

パターンセル

パターンのセルを指定します。

タイムシートを拡散パターンまたは焦点パターンに切り替えます。

セル番号の指定方法はセルと同じです。

放射状

ぼかしの効果を放射状にします。

放射状チェックをオンにするとぼかしの効果が中心点を囲んで放射状・同心円状になります。

拡散の効果の中心はカメラの中心です。

焦点の効果の中心はタップの中心になります。

半径には中心からパターンまでの基準になる距離をピクセル数で入れます。中心からスクリーンの端まで程度の値を入れます。(近すぎると効果が荒くなります)

※面積の広いパターンで使うとレンダリングが非常に重くなります。

ぼかしパターン

ぼかし用のパターン画像の作り方です。セルと同じようにPSD等の画像ファイルとして用意します。Photoshop等で描くか、このソフトで連番PSDに出力して用意します。

パターン画像の中心がぼかしの原点になります。

パターンは拡散長・焦点の値に応じて拡大・縮小されます。

例えば、パターン画像の横幅・高さが101(=50x2+1)ピクセルで拡散長・焦点の値が50の時にパターン画像の画素と効果が1対1で一致します。

〜:αチャンネル用のパターンは透明の地に描きます。色は関係ありません。

または、黒地に白で描いてフォルダの透明度設定を赤を不透明度に変換等にして暗い部分を透明化します。

〜:RGB用のパターンは黒地または透明の地に赤・緑・青それぞれで描きます。

または、R・G・Bそれぞれに描いたものを加算合成で重ね合わせます。

パターン画像でR・G・Bそれぞれが一部で使われていれば結果画像全体での明るさは元の画像と同じです。

〜:αRGB用のパターンは透明の地に描きます。

パターン画像のR・G・Bの比率が維持され、結果画像は元の画像より暗くなります。